自分らしい家に|住宅には洗礼されたデザインを┃デザイナーズ住宅

住宅には洗礼されたデザインを┃デザイナーズ住宅

自分らしい家に

外観

郊外を選べば

夢のマイホームですが、郊外を選ぶと注文住宅にできる可能性が高まります。東京23区内と神奈川県や埼玉県などの郊外では、地価が大きく異なります。同じ予算で、都内では建売住宅しか検討できなくても、神奈川県や埼玉県まで範囲を広げると、注文住宅まで検討できるようになるのです。注文住宅にすると、間取りや構造、家の材質まで自分たちで選ぶことができます。庭を広くしたり、バルコニーを設けたりするのも簡単です。材質を自分で選べば、ハウスダストによるアレルギー症状の発症のリスクも少なくなり、子育て世代も安心して暮らすことができます。こうしたさまざまなメリットから、注文住宅の人気は高まってきているのです。神奈川県や埼玉県なら、東京に出るにもそれほど時間はかからないため、おすすめです。

間取りを工夫して

せっかく注文住宅にするなら、家の構造や間取りを工夫すると良いです。たとえば、部屋の数をどうするかについても、子供の数や今後の家族構成を考えて決めていきましょう。部屋数を増やして、子供一人一人に子供部屋を与えると、自室にこもる可能性が高まります。家族みんなのだんらんを重視するのか、子供の独立心を育て、集中できる環境を重視するのか、家の間取りは教育方針にもかかわってきます。熟考して間取りを決めれば、家族にとって暮らしやすい家になることは間違いありません。神奈川県や埼玉県は、東京で働く人のベッドタウンとして発展していますが、同じ県内でも東京へのアクセスの良さは、場所によって異なります。そこで、間取りと共に場所にも注意することが大切です。